MESSAGE

旭市 林歯科医院の診療内容

 

診療科目


歯科・小児歯科

診療内容


むし歯・歯周病・義歯(入れ歯)・予防歯科・くいしばり

むし歯

むし歯とは歯垢(プラーク)内の細菌が糖を利用して酸を作り、歯を溶かしてしまう病気です。
初期の状態では、歯磨き・食生活の改善やフッ素により進行を抑制できることもありますが、
ある程度進行(穴があいてくるなど)してしまうとどんどん進んでしまいます。
そのため、むし歯菌に侵された部分を取り除いて溶けた部分を詰めたり、かぶせ物にしたりして治療します。

歯周病

歯周病は日本人の80%以上がかかっていると言われています。初期の段階ではほとんど自覚症状がなく、以下のような自覚症状が出たときには既に歯周病がかなり進行している事が多いのです。症状が進行すれば、最悪、抜歯しなければならないこともあります。予防と早期の治療が大切です。

<歯周病の症状 例>
●歯ぐきからの出血●口臭●口の中がネバネバする●歯ぐきが腫れる●歯ぐきが下がった●歯がグラグラする

義歯(入れ歯)

部分入れ歯・総入れ歯の作成や修理など幅広く取り扱っています。
義歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください。

予防歯科

歯の健康を維持するには、定期的なメンテナンス(リコール)を受けることが大切です。
家庭では磨けてない部位のプロによるクリーニング、ブラッシング指導を数カ月に一回受けることで、むし歯や歯周病になりにくいことが実証されています。

お子様には虫歯予防としてシーラント、フッ素塗布を行っております。6歳頃生え始める子供の奥歯は、溝が深く虫歯になりやすいのです。そこで、シーラントという樹脂を溝に埋め込み、虫歯を予防します。また定期的なフッ素塗布も虫歯予防に有効です。

歯ぎしり・くいしばり・TCH

歯ぎしり・くいしばり・TCH(起きている時に上下の歯を弱く接触させている癖)があると歯の痛みやしみ、
歯が欠ける・折れる、顎の痛みなどの被害があります。
就寝中の歯ぎしり・くいしばりにはナイトガード(就寝用マウスピース)が有効とされています。
TCHも同じように歯や顎にダメージがあります。まずは自分で癖があることを認識することが大切です。
食事や体に力を入れるとき以外は唇は閉じて上下の歯は触らないように意識しましょう。